本文へスキップ

パレスホテル


パレスホテルの前身は、GHQの命令によりバイヤー専用の国有国営のホテルとして建てられ、昭和22(1947)年に開業した「ホテルテート」です。その後パレスホテルとして建て替えられることになり、パレスホテルは昭和36(1961)年に開業しました。
平成21(2009)年1月31日、新たな時代にふさわしいホテルに生まれ変わるため、休館しました。そして、平成24(2012)年5月17日、改築が済み新生「パレスホテル東京」がグランドオープンしました。都心でありながら美しい緑と水に恵まれた絶好のロケーショに位置しています。

パレスホテル
右手前がホテル棟で左奥がオフィス棟  撮影日:平成24(2012)年5月

パレスホテル
左手前がホテル棟で右奥がオフィス棟(和田倉濠側より)  撮影日:平成24(2012)年5月

パレスホテル
ロビー  
撮影日:平成24(2012)年5月
ロビーや客室などの主要デザインは、英国をはじめとしたヨーロッパで活躍する Terry McGinnity氏が手がけました。

パレスホテル
ロビー  
撮影日:平成24(2012)年5月

パレスホテル
ロビー  
撮影日:平成24(2012)年5月

パレスホテル
染色画家 鳥羽美花氏の作品「晨(しん)瀧桜より」  
撮影日:平成24(2012)年5月

パレスホテル
ホテルアーケード  
撮影日:平成24(2012)年5月

パレスホテル
秋空に映えるホテル棟(和田倉濠側より)  撮影日:平成24(2012)年11月


パレスホテルと和田倉橋  撮影日:平成25(2013)年2月


夜景  撮影日:平成26(2014)年12月


夜景  撮影日:平成26(2014)年12月


右がパレスホテル・左がパレスビル  撮影日:平成27(2015)年2月


撮影日:平成27(2015)年5月


撮影日:平成27(2015)年5月


撮影日:平成28(2016)年6月


撮影日:平成28(2016)年6月


右がパレスホテル・左がパレスビル  撮影日:平成29(2017)年5月


フォーブス・トラベルガイド2020  撮影日:令和2(2020)年10月
一流のホスピタリティを格付けする世界有数のトラベルガイド「フォーブス・トラベルガイド2020」のホテル部門にて、パレスホテル東京は5年連続5つ星を獲得しました。


メインロビー  
撮影日:令和2(2020)年10月


メインロビーの装花  撮影日:令和2(2020)年10月


宴会場「葵」  
撮影日:令和2(2020)年10月
大きな宴会場です。高さ7m・幅22mの大窓から自然光が差し込み、目の前に広がる水と緑の景色は18基のシャンデリアとともに上品さを生み出しています。


宴会場「桔梗」  
撮影日:令和2(2020)年10月
南西の角に位置し、2面に大きな窓が配されています。お濠の水や巽櫓を望む丸の内ならではのパノラマビューが広がり、ゆったりとした和やかな空間となっています。


ボードルーム  撮影日:令和2(2020)年10月
19階にあり、最大28名で利用できます。この部屋は、TBSの人気ドラマ「半沢直樹2」で、半沢が帝国航空の社員らと話しをする場面のロケ地として使われました。


日本料理「和田倉」店内  
撮影日:令和2(2020)年10月


リビングルーム(エグゼクティブスイート)  
撮影日:令和2(2020)年10月
エグゼクティブスイートは、落ち着いたゴールドやクリーム色に柔らかなグリーンと深いラベンダー色をアクセントに、エレガントな空間となっています。広々としたウォークインクローゼットも完備しています。また、バスタブとシャワールームが一体となったバスルームでは、優雅なバスタイムを過ごせます。


ベッドルーム(エグゼクティブスイート)  撮影日:令和2(2020)年10月


バスルーム( エグゼクティブスイート)  撮影日:令和2(2020)年10月


ペストリーショップ「スイーツ&デリ」  
撮影日:令和3(2021)年7月


所在地:千代田区丸の内一丁目1番1号



改築前のパレスホテル
建築物としての評価が高く、約166万枚の信楽焼の小口タイルを使用した外壁等が認められ、昭和38(1963)年に建築業協会賞を受賞しました。

撮影日:平成13(2001)年1月


撮影日:平成13(2001)年2月


撮影日:平成17(2005)年4月


撮影日:平成17(2005)年4月


撮影日:平成18(2006)年8月

このページの先頭へ